2020年03月27日

感染予防で出来ること

世界がまるで映画の世界に入ってしまったかのような事態になっています。

今、いろいろな考えの人がいると思います…

スーパーへ駆け込む人々…

大丈夫でしょと出かける人々…

仕事の先行きが不安な人々…

ウイルスと闘っている人々…

抗ウイルス薬を作る人々…

病院で働く人々…

弊社の仕事の柱の1つは、病院や施設への洗濯業務で、感染を予防するためのものです。

感染が起こらないためにどうしたらよいのか?

そのために弊社ができることは

感染を持ち出さないこと、持ち込まないこと。

保険所や専門家からのアドバイスをいただきながら

感染予防に関して、信頼していただけるよう心掛けています。

ニュースなどで観る

実はこうだった…という裏の黒い部分がないように。

今週末、関東を中心に外出自粛要請が出ました。

日本中が、いや世界中が今、一生懸命に戦っています

そして、近いところでは

病院で一生懸命、ウイルスと闘っている医療従事者の方や患者さんがいます

自分たちができることは、

1日でも早く終息することに協力すること。

だと思います。
posted by マツモト・メディカル at 16:09| Comment(0) | 感染対策

2020年03月19日

アルコールと次亜塩素酸ナトリウムの使い方

こんにちわ。

今、店頭からアルコールがなくなり、

弊社でもアルコールの手首消毒などは、

入荷と同時にお待ちしていただいている病院や施設へ

納品し、在庫不足が続いております。

入荷次第、ご予約いただいているお取引先様にはお出ししていますが

数に限りがあるため、

ご希望の数はお出しできないことが多いのですが、

皆さまに行き届くようにしております。

相田みつをさんの言葉にもありますが、

うばいあえば足らぬ わけあえばあまる

ですね。

アルコール不足の中、代用になる?ということで

次亜塩素酸ナトリウムについての問い合わせがあります。

次亜塩素酸ナトリウムは在庫ありますのでお問い合わせください。

使い方はどうなんだろう?

今回、コロナウイルス対策として、

厚生労働省が提示しているのは、

手など皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、

物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。

詳しくは国立感染症研究所の掲載の関連するガイダンスをご参照ください
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html

次亜塩素酸ナトリウムは、実はあらゆるご家庭にあります。

食器などの黄ばみをとるために使う

キッチンハイターです。
yjimage.jpg
お洗濯の際に使うワイドハイターではありませんよ!
これは、酸素系です。
whi_wideex_00_img_l.jpg

必ず、パッケージの裏を見てご使用ください!

先日、ウイルス予防にということで

次亜塩素酸ナトリウムをスプレー容器に希釈して

持ち歩いている方がいらっしゃいました。

しかし、これは☓です。

安全のために正しい方法で予防しましょう!

※下記、注意を花王のHPより抜粋しております

花王HPより
⇩ ⇩ ⇩
「ハイター」や「キッチンハイター」を薄めた液(=希釈液)をスプレー容器に入れて使うのはおやめください。スプレーした時に霧状の液を吸い込むことがあり、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたりするおそれがあります。また、スプレーがこわれやすくなるので、液がたれたり、思わぬ方向に液が噴出したりすることがあり、危険です。目に入ると、失明のおそれもあります。

#ウイルス感染 #ウイルス対策
#アルコール
#次亜塩素酸ナトリウム
posted by マツモト・メディカル at 12:09| Comment(0) | 感染対策

2020年03月03日

大分県で弊社だけができる感染対策

先ほど、大分県でもコロナウイルス感染者を確認したとニュース速報がありました。

弊社は、胸を大きく張って

お取り引きさせていただいている

病院や施設への感染対策をしています!

中途半端なことや

曖昧な仕事はしません!

「見た目がきれいになったから安心」

ではなく、

その中に潜んでいる目に見えない

ウイルスや菌をしっかり取り除けているか?

が絶対的に必要なのです。

目に見えないからわからない?ではなく、

きちんとデータ化しています。

大分県では弊社しかできない洗浄。

医療機器認定の高熱蒸気殺菌をします。

まずはご相談ください。お値段も良心的です。


世間では前代未聞なことで縛られている中、

やはり、他人事のような行動をしたり、

発言をしたりすることを耳にします。

しかし自分自身、症状などの自覚はないけれど

自分がウイルスを持っているかもしれません。

それを知らず知らずでうつしてしまうこともあるかもしれない。

「自分が良ければそれでいい」

のではないと思います。

今この時期は大変だけれど

これを乗り越えて、

今一度、

感染対策をしっかりと検討してほしいです。
posted by マツモト・メディカル at 14:58| Comment(0) | 感染対策